耐震・構造解析シリーズ "Seismic Resistant and Structure Analisis Series"

豊富な導入実績と高い信頼性を誇る 耐震・構造解析シリーズ 「TDAP III / FDAP III 」

アーク情報システムでは、高層建築物、港湾施設、原子力発電所などの重要構造物を対象とした地震応答解析や地盤液状化解析などの解析コード開発および受託計算を行っています。耐震・構造解析シリーズは、土木・建築分野での豊富なノウハウと実績から生まれた自社開発ソフトウェアで、公的研究機関、大学、大手建設会社、設計事務所、コンサルタント会社など500を超えるお客様に導入いただいています。また、これらのソフトウェアを活用した各種建築物、橋梁、タンク、原子力施設、港湾施設などの解析や受託開発も承ります。

動作環境

TDAP III / FDAP III

耐震・構造解析シリーズ

[大規模並列計算] TDAP III Cluster Edition / FDAP III Cluster Edition

TDAP III
MPIを使った大規模並列計算が可能になりました。
より大きなモデルをより速く計算可能に!
既存のTDAPⅢ、FDAPⅢの入力データもそのままお使いいただけます。

3次元非線形時刻歴応答解析プログラム
TDAP III

TDAP III
モデリング、解析処理から可視化まで、非線形振動解析を強力に支援します。Windows版とバッチ版を用意。

3次元等価線形解析プログラム FDAP III

FDAP III
2次元、軸対称、3次元解析を実現するプログラム。TDAP IIIのデータがそのまま活用できます。

TDAP III/FDAP IIIによる受託解析サービス

TDAP III
解析モデルの作成から各種解析、報告書作成までの解析業務はもとより、各種受託開発にも対応します。

TDAP III構造データ作成支援プログラム
ビジュアル構造入力

ビジュアル構造入力
構造データの作成を支援するための「TDAP III」オプション。分かりやすいメニュー構造による簡単操作を実現。

構造解析用可視化システム ArkFemView

ArkFemView
有限要素法や骨組系の構造解析結果を手軽に可視化することを目的とした構造解析結果の可視化システム。

プロットイメージファイルのプレビュー/
編集ソフト ArkPlotView

ArkPlotView
プロットイメージファイルのページ単位での画面表示や部分拡大が行えます。豊富な編集機能を搭載。

地震波形データの編集・解析ソフト ArkWave

TDAP III
地震波形データの編集・解析が容易に行え、地震波形ファイルのフォーマット変換プログラムとしても利用可。

一次元成層地盤応答解析・
液状化判定プログラム ArkQuake

TDAP III
重複反射理論に基づく1次元成層地盤の波動伝播解析と最新の方法に対応した液状化判定が可能です。
資料請求
〒102-0076
東京都千代田区五番町4-2東プレビル
TEL
MAIL

ニュースリリース

2022.04
【TDAPIII】使用論文 情報提供のお願い
2021.09
17 WCEE (第 17 回世界地震工学会議)」(9/27-10/2)の技術展示にTDAPIIIを出展します。
2021.09
TDAPIII Ver3.13」の出荷を開始。
2021.07
第56回地盤工学研究発表会」(7/12-15)の技術展示(特設Webページ)に TDAPIIIを出展。
2021.02
「TDAPIII Cluster Edition」「FDAPIII Cluster Edition」2021年3月1日より販売を開始します。

最新バージョン情報

2021.08更新
Ver3.13.01(DVD)
Ver3.13.01(TDAP III 解析モジュール)

このページのトップに戻る