開発事例

H.264コーデック、画質評価、映像配信、コンテンツ管理

映像コンテンツのキャプチャーからエンコード/トランスコード、画質評価、そしてコンテンツ配信までのソリューションを提供しております。

技術要素

【対象業務】
映像編集、映像配信、映像管理
【システム構成】
OS:WindowsXP以降、各種linux
キャプチャー:Blackmagic Design製品、Bluefish444製品
配信:Wowza Media Server等
【開発ツール】
DirectShow
WNV、MPEG-2、H.264/MPEG-4 AVC
C/C++、C#

詳細

(1)H.264コーデック
主にMP-Factory(KDDI研究所)を利用し、H.264/MPEG-4 AVCやMPEG-2へのエンコード/デコードを行います。
映像ソースは、映像ファイル、または、キャプチャーボードを介しての取得となります。
結果は、ファイル出力、または、ストリーム出力が可能です。
(2)画質評価
基準となる映像コンテンツと評価したい映像コンテンツを比較するフルリファレンス型の画質評価を行います。
この画質評価は、受託開発だけでなく、パッケージソフト(MP-1000QC)としても販売しております。
(3)映像配信
映像ファイルやエンコード結果などのストリームから、ストリーミングサーバを介して配信を行います。
他にも、P2Pでの配信や同軸ケーブルを利用した配信など、様々なご要望にお答えいたします。
(4)コンテンツ管理
コンテンツにタグ付けを行ったり、自動的にエンコード/トランスコードやサムネイル作成を行って、データ管理を行います。
登録されたデータに対して、様々な形式での検索手段や表示を提供いたします。
アクセスは、実行モジュールでの提供はもちろんのこと、Webからも可能です。

お問い合わせ

開発事例