開発事例

TDAP IIIによる逗子不整形地盤3次元地震応答解析

首都大学東京で観測された逗子地区不整形地盤の地中1地点の東日本大地震波形を用いて、TDAP IIIによる動的地震応答解析を行いました。

せん断ひずみコンター
せん断ひずみコンター
逗子地区の地図と地盤
逗子地区の地図と地盤

技術要素

  • 動的地震応答解析
  • 有限要素法(FEM)
  • 連立一次方程式(直接法、反復法)
  • 重複反射理論
  • 直接積分法
  • 地盤境界(固定境界、水平ローラ、粘性境界、きりかき力)

詳細

TDAP IIIは4GBの64ビットモジュール、連立一次方程式は反復法を使用しました。また、時間積分は直接積分法を用いました。

地盤は、南北方向(約1.2km)×東西方向(約3.5km)×深さ方向(40m)をモデル化しました。要素は77412個の3次元8節点6面体要素です。 地盤の非線形性は考慮可能ですが、この例題は非線形性を考慮していません。下方境界(基盤)は完全固定、側方境界は水平ローラとしました。

地震は、地中で観測された地震波形(NS, EW, UD)を基盤から入力しました。

地盤境界は、下方粘性境界、側方には、きりかき力を考慮した粘性境界などを設定することもできます。

画像には、せん断ひずみのコンターおよび逗子地区の地図および地盤状況を示します。

お問い合わせ

開発事例